ソリューションを支える力 「パーツ設計ノウハウ」

設計力が試される平面から立体への展開

車両マーキングのためには、フィルムの加工方法や現場施工までを見据えて
パーツを設計・製作する必要があります。
そのノウハウもアサイマーキングシステムの強みです。
フィルムを貼る対象の形状に合った作業しやすい設計、パーツの分割方法、
フィルムからの無駄のない材料取り、最適な印刷方法の知識、
そして平面の段階で立体になったときの見え方や問題点を推察できる
経験値などを持ち、的確な完成品の実現を可能にしています。

優れたデザインとパーツ設計

多様な要望に応えるデザイン

フィルムをマーキングやラッピングに使うためには、
デザインや形状を整えて、パーツに加工する必要があります。
これが仕上がりの品質を大きく左右します。
私たちは、その設計・製作に必要な知識と独自のノウハウを持っています。

パーツに分割・設計できるチカラが品質を左右する

アサイマーキングシステムの優れた設計ノウハウを代表するのが、交通系のマーキングやラッピングです。
航空機をはじめ鉄道やバスの場合、お客様や代理店から入手できる印刷用のデータは、パーツを製作するとき、そのままでは使えないのが普通です。経済性や施工性を考え、大きなパーツは分割するなど、さまざまな調整が必要になります。

さまざまな種類の実車の調査データを有しているからこその対応力

貼る対象物や基材についての知識も必要です。
例えば鉄道車両の場合、窓や乗降ドアの位置や形状、ボディーカラーなど部分的に異なる新型車両が、既存車両と混在して運用されることは日常的です。
同じように、バス車両でも、国内のバス会社にはさまざまな形式のバスが運行されおり、同形式であっても乗降ドア、ラジエーターグリル、車外スピーカーやストップランプなどの位置が車体ごとに異なることも珍しくありません。
それに対応するため、当社では実車を調査・計測し、車体テンプレートとしてデータベース化しています。

3次元への経験則というスキル

施工後の見え方を理解し、的確なデザイン、パーツ製作、レイアウトを実施

アサイマーキングシステムは、デザインに合った最適なフィルムパーツを制作することについても
豊富な経験とノウハウがあります。
平面の図面が立体物に貼られたときの視覚的変化、施工しやすい形状や分割、
耐久性を考慮したパーツの収めかたなど、
最適なパーツを設計・製作できる体制が整っています。

現場を理解しているからできる3次元での高い完成度

アサイマーキングシステムのデザイン企画担当者は、平面(2次元)のデザイン図面から、フィルムとして立体(3次元)面に貼り付けられたとき、どのように見えるのか、どこに問題が起こるのかを想像しながら、的確に特定できる能力を持ち、必要な調整・改良を行います。
こうした実績と経験に裏打ちされた完成度によって、正確なパーツ設計ができ、効率的に業務を進めることができます。
さらに、フィルム上に意匠を効率的に配置するノウハウ、シルク印刷やオンデマンドプリンターの知識などにより、コスト的にも有利で、質の高いパーツを生産できるのです。

大面積の3次曲面という難易度の高い航空機などに威力を発揮

代表的な例として航空機用デカール(フィルム)の設計があります。
航空機の胴体は、2次曲面のみならず3次曲面も多く更には連続した構造になっています。
航空機用のグラフィックデカールは特殊素材のため、施工性や耐久性、貼った後の見え方を考慮したパーツ設計が必要です。
アサイマーキングシステムにはこの設計ノウハウがあり、数多くの航空会社のご要望に応えています。

まずは、なんでもご相談ください。

アサイマーキングシステムは、豊富な知識と経験を持つプロフェッショナルとして、様々な事業分野やご要望にも対応します。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

クラフトワーカーズ・ウェイ