製品・サービスで選ぶ:
エスカレーター用ラッピング装飾

施工場所
設置場所
作業時間
数時間、深夜~営業開始まで
施工規模
全国対応/均一施工品質、短納期対応
特殊技術
特許番号:第5826816号、国際特許取得/PL法に基づいた保険

エスカレーターにはハンドレール(手すり)、ステップ(乗降部分)、ライザー(蹴込み部分)など、
いくつもの要素から構成され、各部分に専用の特殊フィルムを用意しています。
たとえばハンドレールではスリーエム ジャパンと共同開発した専用フィルムを使用しています。
独自のノウハウが必要な場合もあり、ステップ/ライザーへの施工方法は国際特許も取得しました。
これらによって誘導、案内、安全喚起、広告などを行い、エスカレーターを媒体として活用できます。

【ハンドレール向け】既存施設を有効活用

ハンドレール(手すり)

エスカレーターの手すり専用にスリーエム ジャパンと共同開発した特殊フィルムをラッピングする新しい広告メディアです。
利用者は必ず手すりにつかまり手元を見ます、そして人と広告は上層階までの移動時間(約30秒間)を一緒に移動します。
無機質なエスカレーターに美観を与え、売り場への誘導サイン、事故防止の注意喚起と相乗効果をもたらします。

  • スリーエム ジャパンと共同開発の専用フィルム
  • 専用ラミネートフィルムは抗菌仕様

広告活用・案内掲示・誘導告知

エスカレーター手すり広告をはじめ、
各種OOHメディアを効果的に連動させる事によって、より訴求効果の高いインストアメディア戦略を実現します。

  • 施設ジャック
  • エスカレーター&パンフレットラック&
    サンプリング
  • エスカレーター&フロアマインダー
  • エスカレーター&電飾看板
  • エスカレーター&ポスター貼り

印象を深めるキャッチコピー

「つかむ」・「握る」・「アップ」等々エスカレーターを意識した連想表現で、見る人の印象をさらに高めます。

安全喚起・注意促進などの安全対策

私達はエスカレーターを「安全で楽しい乗り物にしたい」と考えています。
単にエスカレーターへの装飾ということだけでなく、「安全」についても考えます。
利用者全体の約6割が、エスカレーターの乗り降りに不安を感じています。
つまずき事故を起こした人のうち、約8割が手すりを利用していませんでした。
年齢別の事故率は60歳から増加する傾向にあります。
さらに駅等に設置されたエスカレーターより、
商業施設などに設置されたエスカレーターを利用した際の事故に占める高齢者の割合が高いという特徴もあります。
ハンドレールグラフィックスはエスカレーター利用者の不安を軽減し、
安全に利用する手助けとして非常に有用なツールといえます。

汚れやすい手すりを「美しく」「安全に」「きれいに」

いつも清潔な手すりになり、
多くの方々が手すりに
つかまることにより、
“エスカレーターの事故防止”
“利用者の安全性の向上”

に寄与します。

作業の流れと主な仕様

貼付けに要する時間は1基あたり、通常サイズのエスカレーターであれば約2時間、撤去作業は通常30分程度で済みます。(経過日数、設置環境、機種等、諸条件により異なります)

使用フィルムはエスカレーターの手すり専用に開発されています

耐久性、柔軟伸縮性のあるフィルム

手すりの三次元的な動きも対応できるよう、柔軟性、伸縮性にも優れたフィルムです。耐久性について、6ヶ月24時間テストでは、フィルム表面の変化はありませんでした。

撤去する際、糊残りしません

掲出終了後の撤去(フィルムの剥離)する際にも、手すり表面に影響を与えることなく粘着剤が残ることもありません。(写真は6ヶ月後の剥離の状況)

エスカレーター駆動部への影響

6ヶ月24時間連続テストにおいて、エスカレーターの駆動部に影響を与えることはありませんでした。

環境に配慮されたフィルム素材

フィルムの素材はポリウレタン製です。環境にも配慮され、焼却などの際にも有毒ガスが発生しません。

【ステップ/ライザー向け】広告表現や安全喚起の有効活用

ステップ/ライザー

エスカレーターステップのための装飾システムです。ステップ部分(乗降部分)とライザー部分(蹴込み部分)に、特殊なフィルム・加工・施工技術で安全かつ確実に広告を貼付します。売り場への誘導や購買促進の広告、安全対策の注意喚起と、アイデア次第で様々な用途で使うことができます。

  • メンテナンスフリーで長期間使用可能
  • 特許番号 : 第5826816号
  • 国際特許取得

広告活用・案内掲示・誘導告知

ライザー広告は、遠目にも動きのある広告宣伝ができ、注目を集めます。
ステップ広告は、乗車時に有効な宣伝効果として期待できます。

交通施設

  • 駅媒体やエリア媒体として
  • 催事や旅行案内として
  • 乗客誘導サインとして

商業施設

  • イベントや販売促進の一環として
  • テナント連動広告として
  • 上層階への誘導告知として

安全喚起・注意促進などの安全対策

安全注意喚起としての活用

  • バリアフリー化と共に増加する転倒事故防止に
  • 施設に関わらず、高齢化と共に増加する転倒事故の抑止として。
  • エスカレーター利用者のマナー向上として。
  • 歩行抑止対策として

作業の流れと主な仕様

エスカレーターのステップ(乗降部分)とライザー(蹴込み部分)に短冊状にしたフィルムを貼付けして、グラフィックスを再現します。
広告としての活用はもちろん、エスカレーターを安全に利用するための注意喚起や誘導のためのサインとして使います。表示する段数や表示サイズなどは、用途や企画に応じて自由に設定することが可能です。

フィルムはステップやライザーの凹部分のみに貼付けされますので、剥がれたり、引っかかったりすることがありません。エスカレーターが安全重視の「乗り物」であることえを考えれば、安全品質はとても重要なことです。

  • 特許番号 : 第5826816号
  • 国際特許取得

【床・フロア表示】利用シーンを広げて広告や注意喚起効率アップ

サイドパネル

全面貼りはもちろん、部分貼りにも対応。
またガラス面であれば透明フィルムでインクジェット出力したフィルムにも対応が出来ます。

スカートレール

機種によりますが、スカートレールがあれば施工可能です。サイズは、機種によりまちまちです。

ランディングプレート

全面貼りはもちろん、部分貼りにも対応。
滑りにくいフロア用ラミネートを使用しているので、安心です。
糊面も再剥離性のあるフィルムなので、糊残りがなくきれいにはがれます。

【設置後の運用】売上増に繋がる確かな実証と運用システム

優れた視認効果で効率的なプロモーションが可能

エスカレーターの手すりやステップへの広告は、乗る人にとって乗降の注意を喚起してくれると同時に、
極めて有効な広告媒体としての活用が期待できます。

  • エスカレーター利用者は必ず、安全のために手すりをつかみます。
    そこに、広告があったらどうでしょう。
  • エスカレーター利用者は安全に利用するために、手助けを必要としています。
    そのステップに、広告があったらどうでしょう。
  • エスカレーター乗降時に目をつぶることはありえません。
    上の階までの移動時間30秒ほどは、必ず手すりや足下を注視しています。

    そこに広告があったらどうでしょう。
  • エスカレーターは高い安全性が求められる乗り物であると同時に、単なる移動時間を「情報収集メディア」として、活用することができるのです。

設置後の安全運用と緊急時対応

設置後の運用について
保守・メンテナンスについて
定期的に点検することで美観維持の清掃は勿論、
悪戯があれば高い補修技術で安全に修復いたします。
掲出期間について
手すり広告のメーカー推奨期間は3ヶ月間ですが、
商業施設を中心とした装飾での長期(半年~1年)利用も始まってます。
不具合が生じた場合について
あらかじめ緊急連絡網を配布・ご説明させていただきますので、
不具合が生じても、迅速な対応が出来る体制が整ってます。
万が一事故が生じた場合について
フィルムに起因する事故、および設置方法により起因した事故に関しては、
賠償責任保険にて対応させていただきます。
(対人:最大1億円、対物:最大1億円)。
比較
  ハンドレール ステップ ライザー
特徴
  • 安全効果
    “清潔だからより手すりにつかまりやすく”
  • 美観効果
    “エスカレーターの空間が華やかに”
  • ハンド・トゥ・ハンド効果
    “印象的な時間を過ごす”
  • シェイクハンド効果
    “利用者が直接触れる事ができる”
  • 印象度・浸透度の向上
    “長い接触時間”
  • 社会的貢献のイメージ
    “安全促進、環境美化に貢献”
  • ステップ同士の接触がない、凹部のみに貼り付けるので安全性を確保。
  • 油脂類の付着がない上下左右5cm以内がフィルムの設置範囲。
  • 指が入らないので、悪戯がない。
  • 短冊状のフィルムを貼るだけなので、剥がれても機械への損傷がない。
  • 万一フィルムが脱落しても、緊急停止に至るものではない。
耐用年数

【推奨期間】
屋内外:約3ヶ月

  • エスカレーターのコンディションや設置環境、運転時間によって、大きく左右されます。
  • 推奨期間以上掲出しても問題ありませんが、これを補償するものではありません。
  • 推奨期間内においても、コンディション次第では劣化速度が速まる場合もあります。

【推奨期間】
屋外:約3年  屋内:約5年

  • ステップ面はライザー面より汚れや異物混入が多く、劣化速度が速くなります。
  • コンディションや設置環境、運転時間によって、大きく左右されます。
  • 推奨期間以上掲出しても問題ありませんが、
    これを補償するものではありません。
  • 推奨期間内においても、コンディション次第では劣化速度が速まる場合もあります。
設置費用 エスカレーターの長さにより、
費用算出します。
エスカレーターの長さに関わらず、設置ステップ数で費用算出します。
⇒ 基本料金 +(設置段数×単価)
維持費用 週1~2回の保守メンテナンスを推奨 基本的にはメンテナンスフリーとなりますので、維持管理費用はかかりません。
補修 部分貼替え補修が可能です。(費用別途) 万一短冊が脱落した場合には、部分補修が可能です。(費用別途)
緊急連絡 何らかのトラブル発生時には、予め定められた緊急連絡網にて随時緊急対応いたします。
PL保険 フィルムを起因とする事故が発生時には『賠償責任保険』にて責任をもって対応いたします。
【補償内容】 …… 対人:1億円 対物:1億円

特徴

ハンドレール

  • 安全効果
    “清潔だからより手すりにつかまりやすく”
  • 美観効果
    “エスカレーターの空間が華やかに”
  • ハンド・トゥ・ハンド効果
    “印象的な時間を過ごす”
    そこに広告があったらどうでしょう。
  • シェイクハンド効果
    “利用者が直接触れる事ができる”
  • 印象度・浸透度の向上
    “長い接触時間”
  • 社会的貢献のイメージ
    “安全促進、環境美化に貢献”

ステップ&ライザー

  • ステップ同士の接触がない、凹部のみに貼り付けるので安全性を確保。
  • 油脂類の付着がない上下左右5cm以内がフィルムの設置範囲。
  • 指が入らないので、悪戯がない。
  • 短冊状のフィルムを貼るだけなので、剥がれても機械への損傷がない。
  • 万一フィルムが脱落しても、緊急停止に至るものではない。

耐用年数

ハンドレール

【推奨期間】
屋内外:約3ヶ月

  • エスカレーターのコンディションや設置環境、運転時間によって、大きく左右されます。
  • 推奨期間以上掲出しても問題ありませんが、これを補償するものではありません。
  • 推奨期間内においても、コンディション次第では劣化速度が速まる場合もあります。

ステップ&ライザー

【推奨期間】
屋外:約3年  屋内:約5年

  • ステップ面はライザー面より汚れや異物混入が多く、劣化速度が速くなります。
  • コンディションや設置環境、運転時間によって、大きく左右されます。
  • 推奨期間以上掲出しても問題ありませんが、これを補償するものではありません。
  • 推奨期間内においても、コンディション次第では劣化速度が速まる場合もあります。

設置費用

ハンドレール

  • エスカレーターの長さにより、費用算出します。

ステップ&ライザー

  • エスカレーターの長さに関わらず、設置ステップ数で費用算出します。
    ⇒ 基本料金 +(設置段数×単価)

維持費用

ハンドレール

  • 週1~2回の保守メンテナンスを推奨

ステップ&ライザー

  • 基本的にはメンテナンスフリーとなりますので、維持管理費用はかかりません。

補修

ハンドレール

  • 部分貼替え補修が可能です。(費用別途)

ステップ&ライザー

  • 万一短冊が脱落した場合には、部分補修が可能です。(費用別途)

緊急連絡

何らかのトラブル発生時には、予め定められた緊急連絡網にて随時緊急対応いたします。

PL保険

フィルムを起因とする事故が発生時には『賠償責任保険』にて責任をもって対応いたします。
【補償内容】 …… 対人:1億円 対物:1億円

エスカレーター用グラフィックスフィルムに
異常が発生した場合、
下記の連絡網にてご対応させていただきます。

ステップグラフィックスはなぜ安全か?

ステップグラフィックスは、スリーエム ジャパンと共同開発した特殊な強粘着フィルムを使用しています。
グラフィックを印刷してそれを細かく短冊上にカットし、
ステップ(乗降部分)やライザー(蹴込み部分)の凹部分だけにフィルムを貼付する方法で安全を確保しています。

エスカレーター事故

ライザー部分(蹴込み部)に警告表示を入れて注意を促せます。同時にエスカレーターの動きがわかりやすくなります。

エスカレーター事故は、実は年間1,000件以上※も起きています。(※(社)日本エレベーター協会調べ)そして、その事故の多くは子供とお年寄りです。意味もなく乗り降りを繰り返したり、駆け上がったり、下りのエスカレーターに上ろうとしたりと、子供たちは突飛で予測のできない行動をとることがあります。
お年寄りにとっては、エスカレーターの動きそのものが判りづらいようで、乗り降りのタイミングがつかみにくいという声をよく耳にします。

エスカレーターをより安全で楽しい乗り物へ

ステップ部分(乗降部分)の「セーフティーゾーン」を明確にします。

車に乗る人にはシートベルト着用が義務付けられています。エスカレーターも乗り物の一種ですから、当然安全のためのルールやマナーが存在します。ステップ部分のセーフティーゾーンにきちんと立つことを乗降者に促すことができれば、確実に事故を減らすことができるはずです。ライザー部分にも警告表示を入れることにより、一層の啓発や事故防止につながる効果を期待することができるのです。ステップグラフィックスを広告として活用する場合にも、利用者の安全を第一に考えるべきなのはいうまでもありません。

ステップグラフィックスの掲出推奨期間
屋外
約3年
屋内
約5年
PL保険
PL法に基づいた保険
万が一、フィルムが起因による事故が発生した場合は、当社「賠償責任保険」(対人・対物)で責任を持って対応いたします。
※イタズラ等で発生した事故などについては保険対象外となりますのでご注意下さい。

【導入効果】抜群な視認率と訴求力

導入効果
エスカレーターに乗っている時間は約30秒。
ハンドレール(手すり)やステップは必ず目にするので、
メッセージが確実に届き、覚えてもらえます。

エスカレーターグラフィックスは視野に入りやすく、とても身近に存在し、
自然に30秒近くお客様の目線を引きつけることができます。その高い効果は実証実験で証明されています。

エスカレーター利用者と同時に
同じ位置で移動するからこそ
連続的な接触時間が長い

エスカレーター利用者は
乗り口からステップに乗ると、
そのままの姿勢で約30秒間移動します。
約30秒の確実な接触時間は
テレビCMに匹敵します。

確実に見られる

スカレーターに乗っている間は
途中下車できません。この間、
視界には必ずハンドレール(手すり)
やサイドパネルなどが入り、
それらを注視すること
になります。

訴求力が高い

自分の手でつかまるハンドレール(手すり)、
すぐ脇にあるサイドパネル、
足下のステップ/ライザーなど、
まさに身近にある情報は目に入りやすく、
注意がそれないため、
内容まできちんと認知されます。

ハンドレール(手すり)グラフィックスの
高い商品訴求力と広告効果は、アンケート調査から実証!

  • エスカレーター手すり広告を確かに見た 81.6%
  • 広告を出していた企業名を認知できた 80.5%
  • 広告の内容・サービスを認知できた 64.9%
  • 商品の詳細を認知できた 70.9%
調査日時:
2003年4月6日(日)
調査場所:
イトーヨーカドー木場店(駅側入口)
調査方法:
調査員による面接アンケート
広告内容:
NTTドコモ様(携帯電話)
調査対象:
エスカレーター利用者
サンプル数:
210サンプル

  • 目にとまりやすい 80.8%
  • 今後はもっと増えても良い 80.0%
  • 新しい感じがする 76.7%
  • ついつい見てしまう 76.7%

(あてはまる・まああてはまるを合わせた数)

調査日時:
2003年12月20日(土)
調査場所:
名古屋市営地下鉄 金山駅 構内
調査方法:
調査員による面接アンケート
広告内容:
名古屋市交通局様(名城線延伸)
調査対象:
エスカレーター利用者
サンプル数:
120サンプル

  • エスカレーター手すり広告を確かに見た 66.2%
  • 広告を出していた企業名を認知できた 80.0%
  • 広告の内容・サービスを認知できた 60.0%
調査日時:
2004年3月14日(日)~15日(月)
調査場所:
東京都営地下鉄大江戸線 新宿駅西口改札
調査方法:
調査員による面接アンケート
広告内容:
NTTドコモ様(料金サービス)
調査対象:
エスカレーター利用者
サンプル数:
240サンプル

お客様がやりたいこと、実現したいこと

進め方や課題に悩んでいませんか?

  • どのように進めたら良いかわからない、今後の流れが知りたい
  • 長期間使いたい、または期間がきたら、キレイに簡単に剥がしたい
  • クライアント顧客にエスカレーターグラフィックスを提案して販売したい
  • エスカレーター乗降での安全喚起策を施したい
  • エスカレーター乗降でのルールを徹底させたい
  • 手すりが汚れているのでキレイにしたい
  • のぞき見防止策を実施したい(ファサラなど)

エスカレーターをもっと活用したいとお考えですか?

  • エスカレーター乗降での安全喚起策としてエスカレーターグラフィックスを活用したい
  • 既存エスカレーターをそのまま広告媒体として活用(媒体化で収益化)
  • 季節やイベント用の装飾を施したい
  • 上層階への顧客誘導として

エスカレーター用ラッピング装飾の特長

手すり(ハンドレール)に関する優位性

  • 手すり専用に開発された製品
  • 耐久性、柔軟伸縮性のあるフィルム
  • のり残りしない再剥離性
  • 環境に配慮されたフィルム素材
  • 表面は抗菌仕様で清潔
  • エスカレーターの駆動部に影響を与えない
  • 製作費が経済的なミニサイズ使用も開発

ステップ/ライザーに関する優位性

  • 長期の耐久性(メンテナンスフリー)
  • 設置は段ごとに(ステップ・ライザーとも)任意で設定可能(予算に応じて)
  • フィルムを貼るだけの簡便な作業
  • 溝の奥に貼るので悪戯の心配がない
  • 万が一剥がれても機械を止めたり損傷を与えることがない
  • 特許取得製品(特許番号:第5826816号、国際特許取得)

代表的な施工事例

まずは、なんでもご相談ください。

アサイマーキングシステムは、豊富な知識と経験を持つ専門家として、
どのような事業分野にもご要望にも対応します。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

製品・サービスで選ぶ

クラフトワーカーズ・ウェイ