新しい「価値」を生み出してきた最新事例紹介:東日本旅客鉄道株式会社 様

JR東日本の駅のエスカレーターにラッピング、注意を喚起し、転倒予防などに貢献

高齢化、障がい者への配慮が重視される社会に、ステップ/ライザー、ハンドレールへのラッピングで貢献

お客様がやりたいこと、実現したいこと

東日本旅客鉄道株式会社(以下JR東日本)様の盛岡駅が旅行者のエスカレーターでの転倒を防止するために講じた策の一つが、ラッピングによって、乗降者が手すりにつかまるように注意喚起することでした。これは高齢者や障害者への施策の一つとしても有効と考えられ、JR東日本様の全国の新幹線駅で採用されました。
またJR東日本様の東京支社でも、一般の駅のエスカレーターでの事故防止をめざし、独自にテストや調査を重ね、ラッピングによる効果的な注意喚起をめざしました。
これらのご要望に応えて、アサイマーキングシステム(以下AMS)はステップ/ライザー、ハンドレールなどへのラッピング技術を駆使して応えることになりました。

アイデアコンテストがきっかけで、盛岡から広がった注意喚起のエスカレーターラッピング

JR東日本様の盛岡駅ではエスカレーターで転倒する旅行者が多く、その防止策が課題となっていました。そこから、ラッピングによって手すりをしっかり握ることを注意喚起する案が出てきました。
これは毎年、鉄道各社、日本エレベーター協会、関係官庁などが参加して実施される「手すりにつかまろう」キャンペーンの主旨にも沿うものでした。
このラッピングが具体化したのはJR東日本様の社内のアイデアコンテストがきっかけです。
JR東日本様は、このコンテストで提案されたアイデアの中で優れたものを、他の支社へ広げていく方針を取っています。
盛岡支社のエスカレーターのラッピングによる注意喚起の案はコンテストで高く評価され、本社の施策に発展しました。
AMSはこれを受けてJR東日本様の主要駅で、ライザーのラッピングを展開することになりました。

蓄積したエスカレーターラッピングのノウハウが活きる

エスカレーターのラッピングで大切な要素が二つあります。
一つは色彩。当初、盛岡支社からライザーのラッピングをご依頼いただいたとき、ご要望は黒地に黄色文字という配色。
しかし、AMSが実際のエスカレーター上で貼り比べてみると、その逆の黄色地に黒文字の方が、断然、見やすく、視認性が高いことがわかりました。
これは、もともとのライザーの黒い地色が文字の色を引き立てることが大きな理由でした。
もう一つは形状。エスカレーターの階段部分には細かい溝があり、そこにラッピングするには特殊な技術が必要。溝の幅や形式はエスカレーターのメーカーによって異なるため、AMSではその形状に対応して効果的に貼付作業ができるクシ状のツールを自社開発しました。
このように、AMSには道具からフィルムを貼る技術に至るまで、貼り付け施工を極めるための小さな技術の蓄積があり、JR東日本様からの信頼につながったと私たちは考えています。

東京駅の総武線快速ホームに登場した、新発想のエスカレーターラッピング

こうした動きとは別に、JR東日本様の東京支社では、管内の駅のエスカレーターを、ラッピングによって注意喚起することを検討していました。そこでAMSはそのための情報提供、調査に協力しました。
JR東日本様は研究・検討を重ねた末、独自にラッピングのデザインを決定、「手すりにつかまろう」キャンペーンに合わせて、東京駅総武線快速ホームで実施することが決まりました。
特に配慮したのは加齢によって視力が衰えた乗降者や弱視の乗降者です。こうした方々は症状によってよく見える色、見えない色が異なるため、誰にでも見えるように多種類の色を使うことを考え、上りエスカレーターはレインボーカラー、下りエスカレーターは花柄のデザインを採用。これを私たちAMSが施工しました。
2017年のステップ/ライザーでの実績を受け、2018年は、ハンドレールへのラッピングのご要望もいただきました。
ステップ/ライザーとは異なり、ハンドレールはソフトな素材でできているため、専用のフィルムと、それにあった施工技術が必要です。
AMSにはこうしたハンドレールに関する技術にも十分な蓄積があり、それを活かしてご要望に応えています。

その後の拡大と今後の展望

盛岡駅から始まったライザー(104段)の注意喚起ラッピングが評価され、盛岡(追加50段)、一ノ関(40段)、新青森(52段)、仙台(191段)、秋田(45段)、高崎(106段)、長岡(ステップ19段)など、東北上越新幹線のほとんどの主要駅に実施され、駅の安全管理に役立っています。
現在AMSでは、光を蓄積して光る素材を使った、より見やすく、安全をもっと効果的に喚起できるラッピングなども研究中です。

まずは、なんでもご相談ください。

アサイマーキングシステムは、豊富な知識と経験を持つ専門家として、
どのような事業分野にもご要望にも対応します。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら