目的・手段で選ぶ:
電車・バス・航空機向け広告・装飾

施工場所
車両基地/操車場
作業時間
短時間完成(深夜~始発まで)
施工規模
大規模施工(剥離)での大量の人員投入
特殊技術
基材仕様に応じた鉄道車両用燃焼試験を満たす、フィルム仕様/再剥離原状回復

公共交通機関は広い範囲を移動し、乗降者だけでなく、不特定多数の人の目に触れるため、大きな広告効果があります。航空機はサイズが大きいため、広告のインパクトも強くなります。
一方、これらは公共性が高いだけに、安全基準が厳しいことも特色です。例えば鉄道では、鉄道車両用材料燃焼試験(車材試験)に合格しない製品を使えません。航空機では複雑な曲面に展開したときの見え方を推定して設計する技術力も欠かせません。こうした困難な条件を満たして目的を達成できる会社としてアサイマーキングシステムは、信頼を得ています。

【鉄道・バス】鉄道車内用途で燃焼試験基準をクリアする新しいメディア

バックサイドプリンタブルクリア グラフィックス Back Side Printable Clear(BSPC)

昨今、各社から鉄道用不燃フィルムが販売されておりますが、
でも実は、取得が難しくグラフィックスの掲出が不可能なケースが多くあります。

制作可能サイズ 最大1200mm幅
材質 特殊アクリルフィルム
製品色 白色(不透明)
光沢 低光沢
剥離紙 ポリエチレンコート紙シリコン処理ライナー
厚さ 代表値 0.09mm
(剥離紙、アプリケーションテープは含まない)
重量代表値 120g/m2(剥離紙は含まない)
粘着剤 感圧型恒久性接着タイプ / アクリル系 / 白色
貼り付け温度 10〜38℃(平滑面)
使用可能温度 -30〜80℃(連続使用の場合は65℃)
接着力 メラミン塗装板 12N / 25mm

製品構造図

試験方法

  • フィルム厚:JIS K7130に準ずる。
  • 接着力:JIS Z 0237に準ずる。
  • 特性における数値は、原則として温度20℃、湿度65%での試験結果を基にしています。

車内の装飾・広告など

国土交通省の定める火災対策基準を踏まえ、各鉄道会社では車両に使用する材料について、燃焼性判定を使用可否の基準としています。
車内の床・壁・天井や車体の各部位ごとに、燃焼試験・耐溶融滴下性試験・コーンカロリーメ―タ―発熱性試験などの適合成績が必要です。
各部位ごとに、不燃性・極難燃性・難燃性などの試験成績の基準があります。

フィルムの特徴と構造

  • 優れた耐候性 ⇒ 屋外使用でも3年程度
  • ガラス上での再剥離性あり(3ヶ月程度まで)
  • 鉄道車両用材料燃焼試験による認定番号ガラス上での再剥離性あり(3ヶ月程度まで)

基材 認定番号 燃焼性規格
ステンレス板(1.2mm) 21 − 930K 不燃焼
メラミン化粧板(1.4mm) 22 − 22K 不燃焼
ガラス板(5mm) 22 − 380K 不燃焼

鉄道車両用材料燃焼試験(車材燃試)とは?

  • 鉄道車両に使用される材料の不燃性能を評価する試験として、鉄道車両用材料燃焼試験(車材燃試)が基準とされています。
  • 外板、内装に使用される材料は車材燃試で「不燃性」の成績を有する材料の使用が必要です。
    (フィルムについても貼り付け基材との組み合わせで不燃性が必要となります。)
  • 車材燃試では以下の4項目を規定しており、この内容により貼り付けることの出来る基材と使用できるフィルムが限定されます。
  • 1 貼り付け基材の材質
  • 2 貼り付け基材の厚み
  • 3 使用フィルムの材質
  • 4 使用フィルムの厚み

車材燃試では貼り付け基材と使用フィルム構造が、一品一様で定められているため、
本来は鉄道車両に実際に使用されている基材と同じ材質、厚みの基材を使用した試験で「不燃性」を取得している必要があります。

採用事例

東京都交通局 大江戸線

数量
3編成
基材
ガラス(車内側より内貼り)
掲出
3週間後、再剥離

横浜市交通局 横浜市営地下鉄 ブルーライン

数量
1編成
基材
ガラス(車内側より内貼り)
ガラス(車外側より外貼り)
床面(ロンリウム)
内壁(メラミン化粧板)
内ドア(ステンレス板)
掲出
1ヶ月後、再剥離

西武鉄道株式会社 西武鉄道9000系「幸運の赤い電車」

数量
1編成
基材
ステンレスドア部分(赤色・白色)
戸袋部分ガラス窓(外貼り)
掲出
3年間(予定)

【鉄道用】新発想の車両ガラス専用フィルムで日照調整と飛散防止

3Mクリスタリン
車両ガラス専用フィルム

〜200層超の積層構造〜
新発想のガラスフィルムで日照調整と飛散防止

「快適・エコ・安全」

  • 暑さのもと、赤外線(IR)に的を絞り、93%カット
  • 透明なフィルムでガラスのイメージはそのまま、透明度71%保持
  • 紫外線(UV)も99.9%カット…UPF50(実質UPF160相当)
  • エアコン負荷の軽減。乗務員室での実験例では、体感温度6.7度、放射温度8.7度の効果
  • 積層の強靭なフィルムでガラスの飛散防止機能
  • 鉄道車体材料燃焼試験もクリア:試験番号 20‒468K 不燃認定

お客様がやりたいこと、実現したいこと

進め方や課題に悩んでいませんか?

  • どのように進めたら良いかわからない、今後の流れが知りたい
  • 品質とコストのバランスを比較検討したい
  • 新社名変更などの企業告知をしたい

公共交通媒体活用をもっと活用したいとお考えですか?

  • 企業ブランディングに交通広告や媒体を使いたい
  • 交通広告を使ってキャンペーン告知などをしたい
  • 周年事業などのイベントや催事周知に交通広告を活用したい
  • 新たな広告媒体化(鉄道・バス・施設などの事業者側の収益)を検討したい
  • タイアップ企画などの交通広告や機体デカールを検討(又は客先に提案)したい

アサイマーキングシステムだからできる特長

他社にはない高い技術ノウハウ

  • 実施実現へのためのノウハウや知見の提供
  • 法令遵守に対する知見とノウハウ
  • デザインの再現性・表現性・色つくりノウハウ
  • グラフィックスの媒体や基材ごとの耐久性や再剥離性能の知見
  • 各種基材(電車・バス・航空機)へ対応するための技術的なノウハウ
  • スリーエム ジャパンとの信頼の協業体制
  • 媒体者や広告代理店との信頼関係

安心の貼り付け作業体制

  • デザイン提案・グラフィックパーツ設計力
  • グラフィックスの大量生産、短納期対応
  • 大規模施工への対応力・組織力
  • 安全に関する教育体制
  • 作業者の技術スキルの教育や技術マニュアル化
  • 自社での在庫管理と供給体制

代表的な施工事例

主なクライアント企業

まずは、なんでもご相談ください。

アサイマーキングシステムは、豊富な知識と経験を持つ専門家として、
どのような事業分野にもご要望にも対応します。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

目的・手段で選ぶ

クラフトワーカーズ・ウェイ