初めてでもわかるマーキングシステム:地上用変圧器 イタズラ防止編

CASE 1 ラッピングでできる地上用変圧器の落書き防止や景観の美化

既存の地上用変圧器を、新しい情報発信スペースとして活用できます。
落書きやイタズラの可能性が減るだけでなく、
美観の維持に役立ち、復旧・保守にかかる費用の軽減も期待できます。

Before

路上の地上用変圧器をそのままにしておくと、落書きやイタズラなどの軽犯罪を誘発しやすくなります。
外観は無機質な金属製の箱であるため、景観面でも損失です。

After

  • 地上用変圧器にラッピングで装飾することで、落書き、貼り紙、イタズラなどを未然に防ぐことができます。
  • AMSがスリーエム ジャパンと共同開発した特殊フィルムとAMS独自の施工技術によって、地上用変圧器の多数の凸凹のある表面にもきれいにラッピングできます。
    長期5年間の品質保証とさらに、キレイにはがすことも可能です。
  • 地上用変圧器がそのまま、サインボードなどに早変わり。地図、広告、地域文化などをグラフィックにして展開、親しみやすい景観を作り出せます。

Point!

電柱地中化によって路上に設置される地上用変圧器を公共サイン、案内図、地域文化紹介、避難誘導表示などに用いるボードにすることができます。
また再剥離可能なフィルムを活用すれば、長期5年間の利用から、短期間の案内やイベント告知などにも利用できます。

地上用機器ラッピング装飾のために、弊社が独自に開発した特殊フィルムと施工技術を使用して、さまざまなインフラ企業の屋外施設などにも応用できます!
AMSにお任せ頂ければ、熟練の専門技術者による施工と「熟知したフィルム性能」を組み合わせて、効果的な対策を提供いたします。

軽犯罪の抑止や犯罪発生の防止にもつながる「割れ窓理論
に基づく落書きやイタズラ防止策としても最大効果を発揮

軽犯罪の抑止や犯罪発生の防止にもつながる、
「割れ窓理論」に基づく落書きやイタズラ防止策としても最大効果を発揮

地上用変圧器の落書きや犯罪を防止し、道行く人に役立つ新しい媒体に変える!地上用変圧器の落書きや犯罪を防止し、道行く人に役立つ新しい媒体に変える!

割れ窓理論とは
建物の窓ガラスを割れたまま放置しておくと、
「誰も注意を払っていない」「管理者もいない」と思われて、次々と誘発されて加速度的に窓ガラスが割られていく。軽犯罪(落書き、ゴミのポイ捨て等)を誘発。野放しにしておくと犯罪が増え、やがて凶悪犯罪も発生する。 米国の政治学者、James Q. Wilsonと犯罪学者George L. Kellingが1982年に発表。

既設の電力会社の地上用機器をそのまま美しいサインボードに変えます
実用新案登録第3198432号

まずは、なんでもご相談ください。

アサイマーキングシステムは、豊富な知識と経験を持つ専門家として、
どのような事業分野にもご要望にも対応します。お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちら

クラフトワーカーズ・ウェイ