200層の積層構造で「透明」なのに、熱さの元となる赤外線を効率的にカットして、安全で快適な節電・省エネ対策を実現する日照調整フィルム ジリジリ感(赤外線)を効率的にカットして、快適性を向上しながらエアコンの稼働効率を改善します。ですので、省エネ、CO2排出量削減、節電にも効果的です。
窓ガラスに貼って、安全・快適な省エネ対策
節電・省エネ対策
その理由は、窓ガラスからの日差しによるジリジリ感(赤外線)を効率的にカットできるので、
屋内の温度上昇を抑え、エアコンの稼働率が軽減され、使用電力の削減に繋がります。
また、その電力削減量を、地球温暖化の原因、温室効果ガスのひとつCO2の削減量に置き換えてみると、
経済性と地球環境の両方に有効な対策であることがわかります。
安全で快適な節電・省エネ対策を実現する日照調整フィルム
200層の積層構造で「透明」なのに、熱さの元となる赤外線を効率的にカットして、安全で快適な節電・省エネ対策を実現する日照調整フィルム ジリジリ感(赤外線)を効率的にカットして、快適性を向上しながらエアコンの稼働効率を改善します。ですので、省エネ、CO2排出量削減、節電にも効果的です。
窓ガラスに貼って、
安全・快適な省エネ対策
節電・省エネ対策
マルチレイヤー“Nano”をガラスに貼ることで、快適性を向上しながら電力の節約が可能になります。 その理由は、窓ガラスからの日差しによるジリジリ感(赤外線)を効率的にカットできるので、 屋内の温度上昇を抑え、エアコンの稼働率が軽減され、使用電力の削減に繋がります。また、その電力削減量を、地球温暖化の原因、温室効果ガスのひとつCO2の削減量に置き換えてみると、 経済性と地球環境の両方に有効な対策であることがわかります。

継続的な省エネ・エコ・節電対策

継続的な省エネ・エコ・節電対策
今後も起こりうる大地震や電力逼迫状態に備え、省エネ・エコ・節電対策を継続的に取っておくことが必要とされています。
日頃から計画的、継続的に実施していくことが重要
電気料金上昇のリスク → 企業経営、家計維持のための省エネ対策が必要
供給電力不足長期化のリスク → 引き続き今夏同様の節電対策が必要
地球温暖化のリスク → 大震災後意識が低くなっているエコ対策が必要
窓に透明なフィルムを貼るだけ
年間で電気消費の最も多い夏季ピーク時に、建物内に入り込む熱量の71%が開口部から侵入します。
開口部に省エネ・エコ・節電対策をする事は、非常に効果的な対策といえます。
マルチレイヤーNanoシリーズは、日射による熱を半分以下(Nano70S、Nano80Sの場合)にし、建物の空調負荷を下げることにもなるので、暑さ軽減対策だけでなく、省エネ対策、エコ対策、節電対策にもなります。
例1 / 条件
測定場所 都内の商業施設
ガラス開口部 90㎡
向き
ガラス フロート板ガラス6mm
貼付フィルム マルチレイヤーNano70S
【省エネ効果を電力使用量に換算】
166,766円 / 年間
ランニングコスト削減効果分 ¥110,976
ピーク電力削減効果分 ¥55,800
合計 ¥166,776
(年間=15円/kWh)(契約電力単価=1,550円/kW)
※スリーエムジャパン法
【消費電力をCO2の削減量に置き換え】
2,661kg CO2 / 年間
CO2排出削減効果 2,661kg CO2
省エネ効果 66,603MJ
消費電力削減量 7,398kWh
(1kWh=0.36kg CO2)(1MJ=0.278kWh)
※スリーエムジャパン法による保証値ではありません。
例2 / 条件
測定場所 都内・オフィスフロア
ガラス開口部 350㎡(東/100㎡・西/100㎡・南/150㎡)
ガラス フロート板ガラス10mm
貼付フィルム マルチレイヤーNano70S
【省エネ効果を電力使用量に換算】
446,565円 / 年間
ランニングコスト削減効果分 ¥260,565
ピーク電力削減効果分 ¥186,000
合計 ¥446,565
(年間=15円/kWh)(契約電力単価=1,550円/kW)
※スリーエムジャパン法
【消費電力をCO2の削減量に置き換え】
6,250kg CO2 / 年間
CO2排出削減効果 6,250kg CO2
省エネ効果 156,521MJ
消費電力削減量 17,371kWh
(1kWh=0.36kg CO2)(1MJ=0.278kWh)
※スリーエムジャパン法による保証値ではありません。
例3 / 条件
測定場所 都内・20階建てオフィスビル1棟
ガラス開口部 2508㎡
(東/855㎡・西/855㎡・南/399㎡・北/399㎡)
ガラス フロート板ガラス15mm
貼付フィルム マルチレイヤーNano70S
【省エネ効果を電力使用量に換算】
3,388,980円 / 年間
ランニングコスト削減効果分 ¥2,254,380
ピーク電力削減効果分 ¥1,134,600
合計 ¥3,388,980
(年間=15円/kWh)(契約電力単価=1,550円/kW)
※スリーエムジャパン法
【消費電力をCO2の削減量に置き換え】
54,107kg CO2 / 年間
CO2排出削減効果 54,107kg CO2
省エネ効果 1,354,188MJ
消費電力削減量 150,292kWh
(1kWh=0.36kg CO2)(1MJ=0.278kWh)
※スリーエムジャパン法による保証値ではありません。
よくある質問
製品・サービスに関するご質問・お問い合わせはこちら
製品・サービスに関するお見積・ご商談依頼はこちら
INDEX
地震・災害時の窓ガラス飛散防止
節電・省エネ対策
窓際・室内の暑さを軽減
トップページへ
製品・サービスに関する
ご質問・お問い合わせ
製品・サービスに関する
お見積・ご商談依頼