地震・災害時の窓ガラス飛散防止ウィンドウフィルム 地震などで万一ガラスが割れた際に、飛散や落下を防ぐ「飛散防止効果」を兼ね備えています。さらに、素材に金属膜を使用していないので、携帯電話がつながらないなどの電波障害を起こしません。
窓ガラスの飛散防止、金属不使用、電波障害なし
地震・セキュリティ対策
地震などでガラスが割れたとき、さらに被害を拡大させるのは、
割れたガラスが飛散したり落下したりすることです。
マルチレイヤーNanoは、ガラスが割れても落下させない「飛散防止効果」も兼ね備えています。
また、マルチレレイヤーNanoは、素材に金属膜を使用していませんので、
携帯電話がつながらないなど、電波障害をおこしません。
地震・災害時の窓ガラスの飛散防止ウィンドウフィルム
地震・災害時の窓ガラス飛散防止ウィンドウフィルム 地震などで万一ガラスが割れた際に、飛散や落下を防ぐ「飛散防止効果」を兼ね備えています。さらに、素材に金属膜を使用していないので、携帯電話がつながらないなどの電波障害を起こしません。
窓ガラスの飛散防止、金属不使用、
電波障害なし
地震・セキュリティ対策
地震などでガラスが割れたとき、さらに被害を拡大させるのは、 割れたガラスが飛散したり落下したりすることです。 マルチレイヤーNanoは、ガラスが割れても落下させない「飛散防止効果」も兼ね備えています。 また、マルチレレイヤーNanoは、素材に金属膜を使用していませんので、 携帯電話がつながらないなど、電波障害をおこしません。

ガラス用日照調整フィルムを活用した地震・セキュリティ対策

ガラスフィルムの地震・セキュリティ対策
万一の時にも心強い飛散防止効果。
3Mスコッチティント™ 飛散防止フィルムは、JIS A 5759の規格値を満足します。万一地震などの災害時にガラスが割れても破片が飛散せず、鋭いガラス片によるケガを防ぎます。
すぐれた耐久性で侵入防止に効果。
3Mスコッチティント™ マルチレイヤー”ナノ”は、金属膜を用いていないので、金属腐食をせず、耐久性にもすぐれています。またフィルムをガラスに貼ることで、ガラスの強度を高め破られにくくするため、セキュリティの向上に最適です。
皆様のケースに合わせて省エネシュミレーションと快適性シュミレーション、サンプル施工などが可能です。ご希望の方はお問い合わせください。
AMS Channel
YouTubeのような動画サイトにおいて、ガラス破壊公開実験がご覧いただけます。
衝突時の安全性
[ショットバッグ実験] 1
5mm厚フロートガラス(フィルムなし)
衝突時の安全性
[ショットバッグ実験] 2
5mm厚フロートガラス + 飛散防止フィルム
衝突時の安全性
[ショットバッグ実験] 3
6.8mm厚網入りガラス(フィルムなし)
衝突時の安全性
[ショットバッグ実験] 4
5mm厚フロートガラス + スーパーレイヤー
地震時の安全性
[層間変位実験](JIS B法) 1
3mm厚フロートガラス(フィルムなし)
地震時の安全性
[層間変位実験](JIS B法) 2
3mm厚フロートガラス + 飛散防止フィルム
防犯性能
[バット打撃実験] 1
5mm厚フロートガラス + SH14CLARL
強化ガラスの安全性
[強化ガラス破壊実験] 1
6mm厚強化ガラス(フィルムなし)
強化ガラスの安全性
[強化ガラス破壊実験] 2
6mm厚強化ガラス + 飛散防止フィルム
強化ガラスの安全性
[強化ガラス破壊実験] 3
6mm厚強化ガラス + 飛散防止フィルム(呑込み)