お客様に最適な提案ができる真の営業 私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します Vol.2」 ラッピング広告や車両マーキングは、施工直後は大差なく見えるため、安価な方を選択しがちですが、適切なフィルム素材の選定や印刷方式、長期の使用やきれいに剥がすためには、高い知識と経験・運営ノウハウを持つ会社を選択することが重要です。
私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します
塗装からマーキングフィルムに切り替わり、さらに印刷技術の進歩で、街はカラフルな広告をまとったバスや鉄道車両、
さらには、機体全面にグラフィックを描いた航空機まで、ここ数十年でこの業界も大きく変貌してきました。
技術革新で様々な異業種から多くの会社も参入し、実に多種多様なものがマーキング・ラッピングの対象になっています。
このコーナーでは、私達の会社や社員がどのように考え、何を理想とし目指しているのかを知ってほしいと思います!!
経営理念の『顧客に満足を与える』… とはどのようなことなのか?
また、具体的に他社に比べ、どこが違って何ができるのでしょう?
マーキング・ラッピングなどをご検討中の方、是非ともこのコーナーをご参考にされることをお勧めします!
お客様に最適な提案ができる真の営業
お客様に最適な提案ができる真の営業 私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します Vol.2」 ラッピング広告や車両マーキングは、施工直後は大差なく見えるため、安価な方を選択しがちですが、適切なフィルム素材の選定や印刷方式、長期の使用やきれいに剥がすためには、高い知識と経験・運営ノウハウを持つ会社を選択することが重要です。
私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します
塗装からマーキングフィルムに切り替わり、さらに印刷技術の進歩で、 街はカラフルな広告をまとったバスや鉄道車両、さらには、機体全面にグラフィックを描いた航空機まで、ここ数十年でこの業界も大きく変貌してきました。技術革新で様々な異業種から多くの会社も参入し、実に多種多様なものがマーキング・ラッピングの対象になっています。 このコーナーでは、私達の会社や社員がどのように考え、何を理想とし目指しているのかを知ってほしいと思います!! 経営理念の『顧客に満足を与える』… とはどのようなことなのか?また、具体的に他社に比べ、どこが違って何ができるのでしょう? マーキング・ラッピングなどをご検討中の方、是非ともこのコーナーをご参考にされることをお勧めします!
VOL.2 【営業推進グループ】
売るものをとことん知ってこそお客様に最適な提案が出来る、
これが真の営業だと思います。
安易に安いだけより、間違いのない最適な製品を提供することをモットーとしています。
フィルム素材・印刷や作画手法・加工方法の組み合せ…
知識と経験、ノウハウが命です。
フィルムを貼った直後はどのフィルムでも同じに見えますが、単に価格が安いだけというマーキングは、後々様々な問題が発生し逆に費用がかかったりする場合があります。
マーキングやラッピングは、価格が安ければすべて良しというものではありません。最も大切なのは、フィルム素材の選定から、その印刷方式や作画手法・加工方法等についての知識・経験、そして運営ノウハウです。
売るものの特性をくまなく知った上での提案こそが、お客様の信頼を得るのには最も必要なことだと考えます。
フィルムは一見、見ただけではなかなか良し悪しの判別がつきずらいものです。これは具体的にはどういうことでしょうか。たとえば赤色のフィルムを加工して、ロゴマークを営業車に貼付したとします。 施工直後はこのフィルムはとても良く仕上がり、何の問題もありません。また、色の発色も会社指定の赤色にマッチしてとても綺麗です。 しかし、1年・2年と経過すると、この赤いフィルムは当初の赤色から朱色っぽく変色し、オレンジ色にも見てとれるくらいです。あるいは、ロゴマークが一部剥がれはじめ、時間の経過とともに欠けてきてしまいました。このような退色や剥がれ等は、フィルムの耐候性に問題があったり、接着性能に問題がある場合です。また、貼り付け方法や下地基材の処理に問題があったのかもしれません。
この車はこの後数年、このまま使うわけですので、最も重要な企業のロゴマークの形状やイメージカラーなどが間違った、あるいは見苦しいかたちで発信し続けられることになってしまいます。たかがフィルムひとつで、企業にとって重大なマイナスイメージの問題に発展します。基材である車両の耐久年数と同様にマーキングの品質が保持されているか?このごく当たり前のことが重要なのです。
では、バスや鉄道のラッピング広告などではどうでしょうか。このような広告媒体のラッピングは、あらかじめ掲出期間を決め、数か月から1年程度掲出し、その後、剥がして現状復帰します。当然、広告の掲出期間中は、所定洗車や洗浄剤などにも耐えられ、特別なメンテナンスが必要であってはなりません。また、いたずら等で簡単に剥がされてしまっては困るので、掲出期間中は強力に接着している必要があります。逆に、いざ剥がす時には簡単に剥がれないと、車体を損傷させてしまったり、現状復帰に多くの労力や費用を費やすことになってしまいます。
”剥がれずに、簡単に剥がれる” … 非常に矛盾しているのですが、こういった機能を持ち合わせたフィルムがべストな訳です。そんなフィルムがあるわけないと思われるかもしれませんが、実はあるのです。
つまり、基材の種類・形状などから始まり、施工環境やメンテナンス条件に至るまで、あらゆる要求特性に応じたフィルムや加工・施工などの知識と経験があれば、このような難しい要求にも応えることもできるということなのです。
それでは、価格が高い=良い性能、あるいは良いフィルムということになるのでしょうか?決してそうとも言えません。なぜならお客様の要求のひとつには、経済性という点も含まれているはずだからです。最適な提案とは、あらゆる経験や知識を駆使し、最終的にお客さまの条件にとって高品質な(最もご要求を満たす)ものを提供できることだと考えます。
いくら高品質なものでも適正な価格でなければ、提案は受け入れられるものではないでしょう。ですから、そのノウハウのひとつには、コストダウンを可能にする仕様や運営方法を実現できることも当然入ると思います。さらに、平面的なデザインが立体になっていくと実際にはどのように見えるのか、コストを考慮した設計やパーツサイズ、デザインとの整合性、施工マニュアルの管理や新車種の導入時の管理対応など、運営には様々な要素が関係してくるのです。
フィルム施工の対象物は実に様々で、またその特性や条件、またメンテナンスや洗浄方法なども対象物により全く異ってきます。そうした条件をクリアできるフィルムでなければ実際の採用には至らないわけです。ですから、このような様々な特性や条件などに合わせてフィルムの方も日々進化し続けなけれ ばならないのです。
私達のもとには、既存のフィルムの問題点や改善すべき点についても、毎日のように現場から情報が寄せられてきます。このような机上の設計や理論では掴みきれなかった貴重な情報は、メーカーの技術陣へと伝えられ、さらに製品改良へと発展していきます。また、新製品の市場投入前の最終的な評価や、実投入後の適正把握、市場の反応評価なども私達の重要な仕事のひとつです。今後のマーケットでの需要予測などについても、その要求特性や条件などをメーカーへフィードバックし改善へとつなげる橋渡し役を担っています。メーカーの技術者や生産担当者と様々なかたちでコミュニケーションをとり続けるのはこのためです。
私達は、これまで培ってきたノウハウ・知識・経験を全て生かしきり、またお客様にとって最良のニーズに合わせることをモットーとします。 また、それぞれの条件や予算の中で、あらゆるフィルムや加工法の中から、最も適切なご提案でご要望に応えるよう努力します。
売るものをとことん知ってこそお客様に最適な提案ができる、これが真の営業だと思います。
創刊号
VOL.2
VOL.3
VOL.4
VOL.5
VOL.6
トップページへ
製品・サービスに関する
ご質問・お問い合わせ
製品・サービスに関する
お見積・ご商談依頼