製品の厳格な品質管理を徹底する生産管理グループ「私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します Vol.5」 徹底した品質管理体制で、常に新しい手法やアイデアを模索するとともに、正確な在庫量の把握や需要予測により、タイムリーで適正な供給と在庫管理を行っています。
私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します
塗装からマーキングフィルムに切り替わり、さらに印刷技術の進歩で、街はカラフルな広告をまとったバスや鉄道車両、
さらには、機体全面にグラフィックを描いた航空機まで、ここ数十年でこの業界も大きく変貌してきました。
技術革新で様々な異業種から多くの会社も参入し、実に多種多様なものがマーキング・ラッピングの対象になっています。
このコーナーでは、私達の会社や社員がどのように考え、何を理想とし目指しているのかを知ってほしいと思います!!
経営理念の『顧客に満足を与える』… とはどのようなことなのか?
また、具体的に他社に比べ、どこが違って何ができるのでしょう?
マーキング・ラッピングなどをご検討中の方、是非ともこのコーナーをご参考にされることをお勧めします!
製品の厳格な品質管理を徹底する生産管理グループ
製品の厳格な品質管理を徹底する生産管理グループ「私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します Vol.5」 徹底した品質管理体制で、常に新しい手法やアイデアを模索するとともに、正確な在庫量の把握や需要予測により、タイムリーで適正な供給と在庫管理を行っています。
私たちの想い、品質、管理体制をご紹介します
塗装からマーキングフィルムに切り替わり、さらに印刷技術の進歩で、 街はカラフルな広告をまとったバスや鉄道車両、さらには、機体全面にグラフィックを描いた航空機まで、ここ数十年でこの業界も大きく変貌してきました。技術革新で様々な異業種から多くの会社も参入し、実に多種多様なものがマーキング・ラッピングの対象になっています。 このコーナーでは、私達の会社や社員がどのように考え、何を理想とし目指しているのかを知ってほしいと思います!! 経営理念の『顧客に満足を与える』… とはどのようなことなのか?また、具体的に他社に比べ、どこが違って何ができるのでしょう? マーキング・ラッピングなどをご検討中の方、是非ともこのコーナーをご参考にされることをお勧めします!
VOL.5 【生産管理グループ】
製品の厳格な品質管理を徹底することが使命です!
徹底した品質管理体制のもと、常に新しい手法やアイデアを模索し続けます。
私たち生産管理グループは、皆様が日頃目にされる山手線に代表される鉄道の車体広告や大型の航空機、また、路線バスや観光バスのラッピング広告、輸送用トラックや営業車の社名やロゴマークのフィルム生産やその管理を行っています。このような業務を通じて、お客様に最大の御満足を頂けるよう高品質な物作りを心掛けています。 そのための私達の姿勢や品質管理についてお話しします。
生産管理部門として第一に問われるのは、当然の事ながら「高品質な製品の生産と品質保持」です。
私たち、生産管理グループの作り上げたフィルムは、弊社の施工グループによって貼付け作業が行われ、お客様のもとに最終完成品として納められます。
フィルムの製作段階での品質が維持できていなければ、最終完成品も当然品質の優れたものにはなり得ません。私たちは、より一層の品質向上及びその維持管理のため数多くの技術的な工夫を積み重ねると共に、施工現場での作業性や間違いを防ぐ工夫も品質の一部と考えています。
その中で、一つのポイントは「確立された検品体制」です。私達の基準では、各作業工程ごとに品質チェックポイントが取り決められており、検査員が、それぞれ専用のチェックシートを用いて製品の仕上がりや品質を徹底チェックしています。その際、自己点検以外に相互点検が確実に行われることにより不具合のある製品が確実に排除される工夫がなされています。
また、誰が製作工程に携わっても同じ手法で品質が維持されるように、各製作工程での加工方法や留意点、梱包形態に至るまでがマニュアル化されています。 製品の不良やばらつきを最大限排除する様々な工夫です。
このような取り組みの積み重ねが、施工現場での作業をスムーズで確実なものとさせ、最終的な仕上げを高品質にするために必要なことだと考えています。
作業の効率化や品質向上のための手段のひとつとして、定物定位の徹底があります。生産管理の現場として、整理の行き届いた工場、管理倉庫であることは、まず基本的に必須です。道具類は所定の場所に必ずある、製品保管の場所や方法を取り決めて管理を徹底する、などのことは当たり前でなければなりません。必要な時に使いたい道具がない、ご注文頂いた製品がどこにあるかわからないなどということは、品質管理以前にあってはならないのです。
また、私たちの製作する製品は、ほぼ100%が個々のお客さまの専用の仕様で特注対応品です。そのため在庫品は、大きさや形状、デザインや素材の違いなどで、数千種類の膨大なパーツ点数になっています。こういった理由からも毎日、毎日、徹底的に整理整頓し続ける必要があります。こういった地道な努力の積み重ねは、最終完成品の品質向上のために重要になるわけです。品質向上のための時間は惜しみませんが同時に、その時間を確保するためには、無駄なロスや労力は徹底的に省く必要があります。
私達のグループでは、非常に多種にわたる原材料や製品を取り扱っていますので、常に適正な在庫管理を維持し続けることも課題です。そこで、生産計画と需要予測とを組み合わせ、リアルタイムで在庫を把握できる独自の管理法をを導入しています。また、基本的にストック倉庫内の保管方法の工夫などにより、あらゆる製品の在庫状況がデータ上のみならずその場でも視覚的に把握できるようになっています。
このように常に正確な在庫量の把握と需要予測により、欠品の防止や納期短縮に役立っています。 適正な在庫管理や予測、タイムリーな対応無くして顧客満足はあり得ません。急なご注文にも、その御要望にお答えする準備と体制を組んでいます。
環境保護の観点からも、日々の活動の中で様々な取り組みや配慮を行っています。たとえば梱包資材のリユースやゴミの適正な分別及びリサイクルに始まり、加工に使用する電気機器の待機電力の徹底削減及び使用中のこまめなスイッチング、エアコンの温度設定や照明の使用数など、作業環境で配慮できる部分は全て例外ではありません。
もちろん、大量に消費しがちなフィルム原材料の過剰使用の徹底削除や、グリーン購入など、『もったいない』の意識を徹底させています。 こういった手順や運用は、ISO14001の規格でマニュアル化し、定期的な監査が行われます。環境保護や改善が待ったなしの現代、これを意識した積極的な取り組みは重要な品質管理の一つであり、全ての企業が取り組み、成果を出していくことが責務であると考えます。
生産管理グループでは、いつもお客様視点で物事を見るように意識し、そしてその教育を実施しています。お客様と直接する機会は多くありませんが、もともと施工や営業、企画グループの実務経験者が在籍しています。
これは、様々な視点から問題に気づき、トラブルを事前に察知・回避することが目的です。そのような実務経験者を意識的に配置していることで、それぞれの培ってきた経験を生かすことができるわけです。私たちは、「常に最高品質の製品でなければならない」というグループ全員の意識のもと、もの作りの現場からお客様の満足に添えるよう精一杯努めていきます。
創刊号
VOL.2
VOL.3
VOL.4
VOL.5
VOL.6
トップページへ
製品・サービスに関する
ご質問・お問い合わせ
製品・サービスに関する
お見積・ご商談依頼