都市の景観を美しく保ち、環境美化グラフィックスによる建物の壁面や屋外公共設備の有効活用 様々な建物の壁面や工事現場の仮囲いをはじめ、さまざまな屋外設備に対して彩りを与え、街の案内表示や情報発信スペースとして活用でき、落書きなどによる改修費用の軽減も期待できます。
情報発信スペースとして有効活用
環境美化グラフィックスとは?
日頃街で目にする看板などの他、建物やビルの壁、無電柱化による地上用機器、駐車場など、
それらすべてを、情報発信スペースとして有効活用できます。
既存の設備をサインボードとして利用するため新たな設備投資の必要がなく、
また、落書きなどの軽犯罪の抑止効果による改修費用の軽減が期待できます。
都市景観を美しくする環境美化グラフィックス
都市の景観を美しく保ち、環境美化グラフィックスによる建物の壁面や屋外公共設備の有効活用 様々な建物の壁面や工事現場の仮囲いをはじめ、さまざまな屋外設備に対して彩りを与え、街の案内表示や情報発信スペースとして活用でき、落書きなどによる改修費用の軽減も期待できます。
情報発信スペースとして有効活用
環境美化グラフィックスとは?
日頃街で目にする看板などの他、建物やビルの壁、無電柱化による地上用機器、駐車場など、それらすべてを、情報発信スペースとして有効活用できます。 既存の設備をサインボードとして利用するため新たな設備投資の必要がなく、また、落書きなどの軽犯罪の抑止効果による改修費用の軽減が期待できます。

導入のお勧めとメリット

都市景観を美しく
近年、地域の個性や生活環境と密接に関わる景観を、よりよくしたいという気運や活動が高まっています。
魅力的な景観まちづくりの推進に向けてラッピングを活用しませんか
景観向上の効果
貼り紙や落書き防止対策
景観に調和するラッピング
いたずらなどによる改修費用の削減
地域コミュニケーション
ユニバーサルデザイン
ストレスの緩和
窓割れ理論
米国の政治学者、James Q.Wilsonと犯罪学者George L.Kellingが1982年に発表。 建物の窓ガラスを割れたまま放置しておくと、 「誰も注意を払っていない」「管理者もいない」と思われて、次々と誘発され、加速度的に窓ガラスが割られていく。 軽犯罪(落書き、ゴミのポイ捨て等)を誘発。 野放しにしておくと犯罪が増え、やがて凶悪犯罪も発生する。 軽犯罪を取り締まり予防することで、凶悪犯罪の発生も防止することができる。
とかく暗いイメージになりがちな
トンネルや通路、壁など、
犯罪の温床にもなりかねない場所も、
逆に明るく綺麗なスペースにすることで、
落書きなどの予防と抑止効果が期待できるのです。
製品・サービスに関するご質問・お問い合わせはこちら
製品・サービスに関するお見積・ご商談依頼はこちら
INDEX
「地上用機器」ラッピング装飾
導入効果検証レポート
屋外広告・周年イベント
導入事例
トップページへ
製品・サービスに関する
ご質問・お問い合わせ
製品・サービスに関する
お見積・ご商談依頼